【第12話】『任意売却その2』

8月も後半となりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
この原稿を書いているのは8月の20日(日)です。先日までの猛暑が嘘のように涼しいというか肌寒い雨の一日です。

先日、当社取り扱いである任意売却の取引が終了となりました。だいぶ前にも任意売却についてお話をさせていただきましたが、今回の案件でも債権者側から債務者側に引越費用は払われませんでした。

前回私は引越費用が払われないのは旧住宅金融公庫案件(現住宅金融支援機構)に多いと述べましたが、どうやら私の間違いだったようです。そういうことではなく債権者により様々でまたその案件により様々、つまりケースバイケースであると訂正させていただきます。ちなみに債権者が住宅金融支援機構の場合、原則として引越費用は残念ながら認められておりませんでした。ただ自己破産等の場合は支払われるケースが一部あるようです。

住宅金融支援機構以外の債権者の場合、ある程度の引越費用を工面してくれる債権者もいるようですが、やはりあてにしない方が良いかもしれません。

業者さんの中にはあたかも引越費用が必ず出るような言い回しをしているケースも見受けられますが、それは間違いです。

ただ引越費用がでない現状を債務で苦しんでいる方の為になんとかするのが我々不動産業者だと考えております。

現在、住宅ローンを含めた借金問題で悩まれている方、ぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。もちろん無料相談・秘密厳守です。