【第8話】『ブラック企業』

【第8話】『ブラック企業』

今年もすでに11月になりました。
もう今年もあとわずかですね。ついこの間まで猛暑だと騒いでいたのに
いつの間にか冬の訪れを感じるようになりました。布団からでるのがつらい…

今回のよもやま話は完全に私の独り言です。お付き合いください。

皆さまは『ブラック企業』という言葉をご存知でしょうか。知らない方のためにこのブラック企業を簡単に説明しますと

『ブラック企業』
広義には入社を勧められない企業を指すインターネットスラング。従業員に労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を強いたり、関係諸法に抵触する可能性がある営業行為を従業員に強いたりする、若しくはパワーハラスメントという暴力的強制を常套手段としながら本来の業務とは無関係な非合理的負担を与える労働を従業員に強いる体質を持つ企業のことを指す。(ウィキペディアより引用)

以上はほんの触りです。ぜひ詳細な内容を皆さまも確認してみてください。

私は現在の職に就く前は、某大手系仲介会社に営業として勤めておりました。
年間休日は60日程度だったかと思います。年間休日の理想は120日と言われてますからその半分ですね。その会社には労働組合なんてものはないですし、当然ながら労働条件はかなりというか相当劣悪です。

休みは週に1回。その貴重な休みに休日出勤をしてしまい13日連続勤務なんてのもざらでした。営業なのでもちろんノルマはあるし、残業は当たり前(残業手当なし)。私が唯一・奇跡的に救われたのが共に同じ店舗で働いた同僚と店長に恵まれ、職場の人間関係に気を使う必要がなかったことくらいです。
不動産営業はどの会社も仕事内容は厳しくてきついのは当たり前です。しかしこの『ブラック企業』の詳細な内容を知れば知るほど、当時私のいたその会社がかなりのブラックな企業であったことがわかりました。

皆さまのお勤めの会社はいかがでしょうか?